Blog

ブログ更新情報


2021

練習試合vs市立船橋高校

練習試合ブログ

☆7月24日☆


本日のブログは1年マネージャーが担当させて頂きます。


まず初めに、新型コロナウィルス感染症が再び深刻化し長期化する中、最前線で勤務されている医療従事者の皆様心より感想申しさ上げます。また、日頃から農友会サッカー部を応援してくださる皆様ありがとうございます。


本日は法典公園(グラスポ)にて市立船橋高校さんと45×4の練習試合を行いました。



〈1本目スターティングメンバー〉

GK:伊藤

DF:村上、菅原、井上昴、柳谷

MF:細田、鈴木高、村井、我妻

FW:瀬戸、笹田


〈2本目スターティングメンバー〉

GK:川島

DF:荒木、瀬戸山、新、田谷

MF:藤井、青木、大関、小野

FW:三富、鈴木直


〈3本目スターティングメンバー〉

GK:為岡

DF:近藤、沖田、松崎、大竹

MF:柳澤、佐々木克、熊谷、佐土

FW:牧野、初田


〈4本目スターティングメンバー〉

GK:菊島

DF:池田、中野、和田、山田

MF:与儀、山中、飯泉

FW:武井、平山、正田




〈選手交代〉

4本目5分 [OUT]与儀→[IN]栗原

4本目22分 [OUT]山田→[IN]榮村

4本目22分 [OUT]平山→[IN]井上修




〈結果〉

1本目 1-0  [村上(村井)]

2本目 3-1 [藤井(三富)、鈴木(小野)、鈴木(三富)]

3本目 1-3 [佐土]

4本目 2-1 [平山、榮村]


7-5




〈写真〉


右から1年沖田凌介選手(第一学院高校)、

4年松崎唯人選手(三菱養和Y)

2年大竹琉生選手(昌平高校)



2年山中陸月選手(広島皆実高校)



1年菅原涼太選手(関東第一高校)



右から4年柳澤慶吾選手(松本山雅FCU-18)

1年牧野隼也選手(神戸弘陵高校)

2年初田来音選手(東京実業高校)



4年中野英寿選手(國學院久我山高校)



1年伊藤蒼太郎選手(ジェフユナイテッド市原・千葉U18)



1年榮村駿太(湘南工科大学附属高校)



2年正田癒音選手(GAFCU-18)



1年沖田凌介選手(第一学院高校)



4年小野達也選手(富士市立高校)



1年井上修吾選手(武南高校)



3年田谷澪斗選手(市立船橋高校)



1年栗原大輔選手(浦和西高校)



4年近藤想平選手(東海大学附属菅生高校)



4年細田海斗選手(前橋育英高校)





〈インタビュー〉

本日は、

1本目出場、3年瀬戸魁人選手(相洋高校)、

2本目出場、4年鈴木直人選手(FC町田セルビアユース)、

3本目出場、2年為岡進悟選手(瀬戸内高校)、

4本目出場、4年和田航希選手(国士舘高校)

の4人にお願い致しました!

ありがとうございます🙇‍♀️


瀬戸魁人選手


鈴木直人選手


為岡進悟選手


和田航希選手



○試合の感想を教えてください。


【瀬戸】久しぶりの試合だったが、しっかり勝つことができてよかった。


【鈴木】2週間部活が停止していたこともありましたが、試合を出来る喜びを改めて感じることが出来ました。45分通してポジティブな声掛けをすること、45分1本を勝ちにこだわるという部分意識した中で勝ちで終われたことはプラスだと思います。 


【為岡】昼間の暑い中、久しぶりの試合だったけど最後まで走りきれたとこが良かった。しかし、サッカーの面では、監督に求められている戦術をピッチで表現出来なかったのが悔しかったです。


【和田】まずは、出場した4本目、全体を通して勝利できたことが非常に嬉しいです。ただ、もっと圧倒しなければいけないと感じました。




○得点シーンを振り返ってみてください。


【鈴木】自分の特徴を出せたゴールです。素晴らしいパサーがいたので信じて走りました。




○試合中意識したことは何ですか?


【瀬戸】受ける位置と前を向くこと。


【為岡】キーパーは、フィールドの選手よりも体力面では余裕があるから、僕から声をかけてチームで最後まで戦うことを意識しました。


【和田】中断明け、この暑さの中で久々の試合だった選手も多かった中で、コンディションも厳しい選手も多いと感じたので、プラスの声かけや、決を叩くような声かけを意識しました。




○今後の課題を教えてください


【瀬戸】運動量と決定力


【鈴木】農大の選手はまだまだ大人しくていい子ちゃんが多いと思います。勝つ為にいい意味でもっと汚く戦わないといけないと思います。最初の11人に立ちたくても立てない選手、練習にも来れない選手がいる中で、もっと本気度を練習、練習試合から意識していくべきだと思います。


【為岡】チームとしては、普段やらないポジションでも、監督に求められているものは理解しているはずだから、どこで起用されても、できるくらいになるといいと思います。個人としては、厳しく言うべきシーンで学年関係なく厳しく言ってもっと引き締まったゲーム運びをすることです。


【和田】まずは、暑さに順化してチーム全体で夏の連戦に備えることが大切だと感じました。サッカー面では、ゴール前の精度を高めていくことが重要だと思います。






*マネ目線*


コロナウイルス感染により約2週間活動停止していたため、多くの選手が久しぶりの練習試合でした。

選手全員が会場に来ていたため、外からの応援や声かけも多く、いい雰囲気の中で試合を始めることができました。


[1本目]

立ち上がりから攻めの姿勢を崩さず良い試合の入り方でした。しかし、良いクロスやゴール前のパスが多いものの合わせられないシーンが多く惜しいなと感じました。

得点シーンはフリーでパスをもらった村井選手が村上選手にパスをし、ワントラップからシュートを打ちゴールとなりました。


[2本目]

1本目に比べてディフェンスの声かけが少なく曖昧なプレーからカットされて攻められるシーンが多いように感じました。

1得点目は、三富選手の綺麗で鋭いパスに藤井選手がダイレクトで合わせました。

2得点目は、小野選手のスルーパスに鈴木選手が走り、キーパーと1対1になり、ボールを浮かせてゴールとなりました。


[3本目]

得点シーンは左サイドでもらった佐土選手がドリブルでキーパーを抜き、ゴールとなりました。

相手のボランチからのスルーパスが農大のセンターバックとサイドバックの間を通り、ダイレクトで合わせられて失点するシーンがあり、相手のプレーではありますがとてもいい展開だと思いました。


[4本目]

4年生中心によく声が出ていて、2.3試合目に比べて活気のある試合でした。

1得点目は武井選手の浮き球のスルーパスに平山選手が合わせました。

2得点目は中盤の選手からスルーパスをもらった榮村選手がペナルティエリア付近から切り込み、2人かわしてゴールとなりました。





私もどんな試合だったかを明確に伝えて、質の良いブログを書きたいと思い、いつも素晴らしいブログを書く偉大な先輩の観察をしてみました。すると、先輩は試合中スコアの記録をするだけでなく、スコアの裏に試合の内容や良かったプレー、得点シーンなどをたくさんメモしており、私も真似をしてみることにしました。今までは自分の記憶だけを頼りにブログを書いていたため、正確に書けていませんでしたが、メモをすることによって試合内容が鮮明思い出され、ブログを書きやすくなりました。これからも先輩を見て、良い部分を吸収し真似して、より成長していきたいと思います。





いよいよ夏休みが始まりました!

暑い日が続きますが、各自体調管理を怠らず、ベストコンディションを保ちましょう⚽️🔥



本日もお疲れ様でした!

コメント
名前

内容